しゃべることによって知識を定着させ使いこなす

Pocket

こんにちは、たーさんです。

 

 

今日は、話すことがいかに知識定着のうえで有益か、ということについて
書いていきます。

 

僕は、小学生の勉強として、ひたすら文字を書きまくっても成績が伸びず、

 

 

紙も、シャーペンの芯も、労力も時間も無駄にしてきましたが、

効率的な勉強法の有効性を知ることで、劇的に成績があがりました。

 

 

中学校の頃は、これで偏差値を30近く上げています。

 

その勉強法の一つが、口に出して、話すことです。

 

 

僕は、小学生のころ、ある先生から、

「ひたすら暗記は手を動かして書いて覚えるんだ」

 

とい言われました。

 

 

 

それを真に受けた僕は、一時期、教科書を写経のように書き写していた

時期もありましたが、まったく覚えられず

 

 

「あー、オレは頭が悪いから覚えられないんだ」

 

 

と、一人でいらついていました。

 

 

 

いまはその教えは非効率だとわかります。

 

 

学んだことを、口に出すと、その方が紙に書くよりも早いですし

 

圧倒的な速度で、復習とアウトプットできるかどうかを確認可能。

 

 

 

特に、人に説明しようとする、自分の言葉で理解したことを語ろうとするので

 

必然的に、学んだ知識を使いこなす能力も鍛えられます。

 

 

 

情報発信に限りませんが、

人に説明したり、わかりにくいところを聞かれたらそれに答えるという

 

プロセスも、同じ理由で勉強になります。

 

 

 

 

そもそも僕は、小学生の頃から家が貧しく友達も少なかったです。

 

 

 

そのため、あまり話せる相手も多くなかったのですが

 

時には、祖母と話したり

頻繁に、誰もいないところで、壁に向かって話しながら、

 

学んだことをアウトプットして

 

知識を定着させたりしていました。

 

 

 

ただ、話してアウトプットするためには、

 

まずは、頭にインプットしていない知識は出しようがありませんので

 

しゃべる前には、集中的に、まず問題集の答えと回答を読んだり、

単語帳を見たり、本を読んだり音声を聞いたり、ということをしてから

 

しゃべりだす感じです。

 

 

 

勉強することは、お金を自力で稼ぐ実力をつけることをはじめ

自由に生きていくためには、避けて通れません。

 

 

 

 

僕は、小学生の頃から、テストで0点をとるなど

勉強は大嫌いでしたが、いかに楽をして効率よく学ぶか、ということについては、

 

本気で考えてきました。

 

 

 

 

勉強法は、僕にとって、一生ものだし、もっとも重要なスキルの一つだと思っています。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

Pocket

 

 


僕は、自由な生活を送りながら、
月収120万円を稼いでいます。
自由な時間をもちつつ、
お金に不自由しないとか、
相当怪しいと思われるかもしれません。

お前には、センスがあったんだろう、
とか言われますが、
僕は、子供のころ、テストで0点をとったり、
いじめられてばかりで、何をどう頑張ったらいいのかわからないくらいのダメ人間でした。

しかし、ビジネスの基本原理を学び、
実践を続けた結果、
理想の生活に徐々に近づいていきました。

結局、人生を変えられるかどうかは、
正しい知識を得て、学んで行動する。
このパターン化された単なる繰り返しに、
慣れる。
たったこれだけでした。

社会は、「最低限の」自由を与えてくれます。
だけど、世の中には、ただ与えられるのではなく、ゼロからはじめて、自ら理想の未来を勝ち取っている人たちも、大勢いる。
何ものにも拘束されない人間に共通しているのは、

「正しい戦略を学び、実践する」

ことに尽きます。

正しい戦略というのは、
実は、本当にシンプルです。
対して、世の中には、
玉石混交の質の低い情報が多すぎる。

僕は、期間限定で、
一流の起業家や、ビジネスの達人から学び、実践した情報を無料で公開しています。
より詳しい情報発信の理念は、こちらをご覧ください。

メールマガジンの登録

ブログでは語られない、社会の変化に流されない生き方。学校で教えてくれない、富裕層だけがもっている知恵。お金や芸能界の話・・・内容盛りだくさんの無料メールマガジンをお送りします。

ご興味をもたれた方は、こちらからご登録ください。


・@icloud.com、@me.comは届きにくいため、PCメールを推奨します
(Gmailが届きやすいのでGmailを推奨します)。
・しばらくたってもご案内メールが見当たらない場合は、迷惑メールフォルダなどに振り分けられているか、間違ったアドレスでお手続きをされた可能性があります。

その場合は、お手数ですが、再度メールアドレスをご確認の上、お申し込み手続きを行ってください。