過疎化しかかっていた町に学ぶ。勉強するのに遅すぎるということはないマインド

Pocket

こんにちは、たーさんです。

 

 

今日は、インターネットを介したビジネスについて

テクノロジーの壁を越えた成功例を紹介します。

 

 

僕ははじめて、現地にいったら、まじでビビりました。

場所は、徳島県のK町というところです。

 

 

 

そこには、年収500万円クラスの
シルバー層(おばあちゃん、おじいちゃん)が

料亭の料理などに沿える葉っぱを売って
稼ぎまくっているという事例です。

 

 

使っているのは、ネットです。

実物を見せていただくと、普通に

おばあちゃんが、パソコンを前にして、座布団で正座して

ネットを操作しています。

 

 

どうみてもネットビジネスですよね、これ。

 

 

おじいちゃん、おばあちゃんは、これだけ稼ぎまくっていることもそうですが、

ものすごく生き生きしています。

 

 

自然に囲まれ、慣れ親しんだ町で

過疎の村としての閉塞感とはかけはなれて、明るさがあります。

 

 

ちなみに、最初にネットも介しながら

葉っぱを販売するビジネスモデルというアイデアに対して

「そんなので儲かるとは思えない」という反発もあったようです。

 

 

しかし、現時点では、十分すぎるほど結果は出ていますし

視察が絶えないようです。

 

 

僕が現地に行った時も、大型バスで団体の視察がきていました。

一度成果が出てしまえば、いまは現地で
ネットを利用した、葉っぱのビジネスを怪しむ人はいません。

 

 

ここから学べるのは

 

・ネットビジネスはあやしくない。特に結果を出した今はむしろ賞賛されている。

・おばあちゃん、おじいちゃんがネットを使いこなしているくらいなので
 システム費用や導入コストもあるにしても、僕たちにITを使いこなせないわけがない
 (実際、全て自腹でやった場合も、月間数千円程度のコストです)

・高齢者の方でも、学んで実行できるし、何かに注力できて経済的な利益を得ることは
確実に人生に活力を与えるetc…

 

 

ということなどでしょう。

 

 

 

もちろん、ワンクリックで100万円というように、

全く勉強しないで、稼げるようなものはあり得ないですし

そういう明白な詐欺まがいな勧誘が、ネットビジネスのイメージを悪くしているのは
ひどい話です。

 

 

逆に、地域資源を生かして、ネットで健全なビジネスを展開している

 

 

おばあちゃん、おじいちゃんをみると、
その努力とエネルギーに、負けていられないと思います。

 

 

僕も、テクノロジーが苦手なんて、いってる場合じゃないので

新しい技術も学びまくって、使いこなしながら、ビジネスに生かしていきます。

Pocket

 

 


僕は、自由な生活を送りながら、
月収120万円を稼いでいます。
自由な時間をもちつつ、
お金に不自由しないとか、
相当怪しいと思われるかもしれません。

お前には、センスがあったんだろう、
とか言われますが、
僕は、子供のころ、テストで0点をとったり、
いじめられてばかりで、何をどう頑張ったらいいのかわからないくらいのダメ人間でした。

しかし、ビジネスの基本原理を学び、
実践を続けた結果、
理想の生活に徐々に近づいていきました。

結局、人生を変えられるかどうかは、
正しい知識を得て、学んで行動する。
このパターン化された単なる繰り返しに、
慣れる。
たったこれだけでした。

社会は、「最低限の」自由を与えてくれます。
だけど、世の中には、ただ与えられるのではなく、ゼロからはじめて、自ら理想の未来を勝ち取っている人たちも、大勢いる。
何ものにも拘束されない人間に共通しているのは、

「正しい戦略を学び、実践する」

ことに尽きます。

正しい戦略というのは、
実は、本当にシンプルです。
対して、世の中には、
玉石混交の質の低い情報が多すぎる。

僕は、期間限定で、
一流の起業家や、ビジネスの達人から学び、実践した情報を無料で公開しています。
より詳しい情報発信の理念は、こちらをご覧ください。

メールマガジンの登録

ブログでは語られない、社会の変化に流されない生き方。学校で教えてくれない、富裕層だけがもっている知恵。お金や芸能界の話・・・内容盛りだくさんの無料メールマガジンをお送りします。

ご興味をもたれた方は、こちらからご登録ください。


・@icloud.com、@me.comは届きにくいため、PCメールを推奨します
(Gmailが届きやすいのでGmailを推奨します)。
・しばらくたってもご案内メールが見当たらない場合は、迷惑メールフォルダなどに振り分けられているか、間違ったアドレスでお手続きをされた可能性があります。

その場合は、お手数ですが、再度メールアドレスをご確認の上、お申し込み手続きを行ってください。