イチロー・北野武に学ぶ離見の見というマインドを3分でわかりやすく解説

Pocket

こんにちは、たーさんです。

 

先日、不労所得でセミリタイアをした
経営者同士で飲んだんですが、
人生つまんないよね、と話題になりました。

 

その時の話を書いていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーー

友人「セミリタイアしたけど、2か月で飽きた」

たーさん「わかる。退屈で死ぬよね」

友「セミリタイア始めた瞬間は、やってやったぜ!って感じだったのにな」

た「それは、自分でつかみ取ったからだな」

友「今はなんでこんなにつまんないんだろうな」

た「今、暇すぎるのは過去のお前だから」

友「過去の俺」

た「今の自分以外の人が作る状況によって、自分の幸せとは感じられないですよね」

友「なんで敬語」

た「イチローのセリフだから」

友「よく途上国の人に比べれば日本人は幸せ。とか言われるじゃん」

た「それを聞いて幸せになれる日本人は少ない」

友「だからこそ人生で自分が満足する状況は、今の自分自身で作る必要があるのか」

た「同じ結果でも自分で掴み取ったかどうかで意味が違う」

友「客観的に自分を見るとそうなるか」

た「離見の見ってやつだね」

友「世阿弥だっけ?」

た「北野武さんの経験談がわかりやすい」

~~~~~~~~~~~
北野武「漫才なんか特にワーワー受けるわけ客が見てるから
    客が自分を見てるんだから
    自分もノった感じで漫才やるんだけど
    頭の片隅には殺し屋のような精神が働いて
    今『ワー』っていってるけどここでとどめの
    ギャグ入れたら聞こえないから
    一瞬客が静まった時につっこむみたいなことを
    笑いながら頭にあるの。
    それで自分のこうやってる姿が
    客席の一番後ろではどう映ってるかって
    同時に考えるわけそれがないとつまらない」
~~~~~~~~~~~

友「なるほど、客観的に見てる」

た「客観的に今のセミリタイアの自分見てるとどうよ」

友「何もしてないな」

た「俺はそれが嫌で、結局、事業始めたね。もはや成長する手段」

友「同時に客観的に見てるわけか」

た「それがないとふと気づいたらつまらない自分で終わる」

友「北野武は離見の見とは一言も言ってないわけだ」

た「なんでも極めると本質に到達するんだろうね」

友「海外にも似たような概念はあるのかね」

た「イチローによると、メジャーリーグではないみたいだ」

友「日本人の強さかもしれない」

た「日本の同調圧力や本音の建前をポジティブに昇華させるとそうなるのかも」

友「深い」

た「シンプルに客観的に自分を見て、今やれると思ったらやれってことだね」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

終わり

Pocket

 

 


僕は、自由な生活を送りながら、
月収120万円を稼いでいます。
自由な時間をもちつつ、
お金に不自由しないとか、
相当怪しいと思われるかもしれません。

お前には、センスがあったんだろう、
とか言われますが、
僕は、子供のころ、テストで0点をとったり、
いじめられてばかりで、何をどう頑張ったらいいのかわからないくらいのダメ人間でした。

しかし、ビジネスの基本原理を学び、
実践を続けた結果、
理想の生活に徐々に近づいていきました。

結局、人生を変えられるかどうかは、
正しい知識を得て、学んで行動する。
このパターン化された単なる繰り返しに、
慣れる。
たったこれだけでした。

社会は、「最低限の」自由を与えてくれます。
だけど、世の中には、ただ与えられるのではなく、ゼロからはじめて、自ら理想の未来を勝ち取っている人たちも、大勢いる。
何ものにも拘束されない人間に共通しているのは、

「正しい戦略を学び、実践する」

ことに尽きます。

正しい戦略というのは、
実は、本当にシンプルです。
対して、世の中には、
玉石混交の質の低い情報が多すぎる。

僕は、期間限定で、
一流の起業家や、ビジネスの達人から学び、実践した情報を無料で公開しています。
より詳しい情報発信の理念は、こちらをご覧ください。

メールマガジンの登録

ブログでは語られない、社会の変化に流されない生き方。学校で教えてくれない、富裕層だけがもっている知恵。お金や芸能界の話・・・内容盛りだくさんの無料メールマガジンをお送りします。

ご興味をもたれた方は、こちらからご登録ください。


・@icloud.com、@me.comは届きにくいため、PCメールを推奨します
(Gmailが届きやすいのでGmailを推奨します)。
・しばらくたってもご案内メールが見当たらない場合は、迷惑メールフォルダなどに振り分けられているか、間違ったアドレスでお手続きをされた可能性があります。

その場合は、お手数ですが、再度メールアドレスをご確認の上、お申し込み手続きを行ってください。