100人以上にビジネスを教えてきた元極貧東大生が「なぜネットビジネスで、97%が月収3万すら稼げないのか」論理的に説明した

Pocket

こんにちは、たーさんです。

 

今回は、

 

「なぜネットビジネスで、97%もの人が、月に3万円すら稼げないのか」

ということについて話していきますね。

 

この記事を読むことで、
学歴に関係なく、誰もが納得する方法で
「あらゆる人が、格段に稼ぐ側にいける」ということが見えてくるでしょう。

 

ビジネスと聞いて、多くの人がまず思い浮かべるのが

「なんだか難しそう」、「怪しい」、「お金稼ぎなんて、なんかきたない」

というイメージです。

 

実は、一般的に常識として、このように感じること自体に、

明確な理由があります。

 

 

 

「ネットビジネスで、97%の人が月3万円も稼げない」

 

僕は、最初に、この97%という数字を知った時、

 

「なんだ、やっても3%の人しか稼げないなら、
 ネットビジネスなんて、時間と労力の無駄だな」

と思っていました。

 

しかし、元同級生の知人の紹介で、
いろいろな人と出会うなか

年収数千万円以上を自動で稼いでいる
何人もの起業家や富裕層の実生活を目の当たりにしてきました。

 

世の中には、「ワンクリックで100万円」とか
ネットビジネスと称して、詐欺同然の宣伝が
あるのも確かです。

そんななかで、人に価値を届けて、お金を生むことからはじまり、
ビジネスの本質を教えてくれた人との出会い、ということに関しては
僕は、非常に運がよかったとしか、いいようがありません。

「こんな世界が本当にあるのか」

という驚きと、自分があまりに世の中を知らな過ぎた。

 

そんな悔しさが、始まりでした。

 

 

 

その後も、タワーマンションの最上階に招かれたり、一緒に食事に行ったり
Skypeで話したりしているうちに、

外から見ると、ものすごく派手に稼いでいる人でも、
やっていることの一つ一つは
ものすごく地味で、堅実なことの積み重ねだとわかりました。

 

 

僕自身も、ビジネスを学び、成果を出していったことで、
半信半疑だった気持ちは、

「3%のさらに上位に入ることは、誰だってできる」

という確信に変わりました。

 

といっても、大半の人は

「はぁ?上位3%が誰にでもできるとか、わけがわからない」

と感じると思いますので、順序立てて説明していきます。

 

 

何もしなくても、勝手に月50万円以上が入ってくる

寝ていても、映画を見ていても、世界中を旅していても、
働かずに、サラリーマンより稼いでいる。

 

 

多くの人が、半信半疑に感じると思いますが、これは真実です。

 

 

このような疑問を抱くのは、自身の常識とは異なるからだと思われます。

 

 

 

僕自身も、はじめて、遊んでばかりいる目の前の自由人が、
月収100万を自動で稼ぎ出している事実に直面したとき、

全く同じ感情をいだきました。

 

 

「俺が教えこまれてきた、世間一般の常識と違う!
  わけがわからない。何なんだよこいつは!」

 

 

しかし、いま振り返ると、
社会から一方的に植え付けられていた
この「常識」が、
いかに狭い世界だけで刷り込まれてきたものか。

 

子供のころから貧乏だった僕が、広い世界というものに、
いかに無知であったか。

 

逆に、無意識に信じていた、僕の常識というものが、
富裕層の視点を学ぶと、いかに低い高さにあるか。

 

 

 

この事実を、目の当たりした、認識の変化が、

僕の人生を変えるはじめの一歩でした。

 

自立してお金を稼ぐ。ビジネスの戦略こそが、人生を変える

まず、自立してお金を稼ぐ、ということに対して
ざっくばらんに話していきます。

 

 

 

自立して、お金を稼ぐというのは、

アルバイトをするということでも、
派遣社員や
正社員のサラリーマンとして稼ぐ

ということでもありません。

 

 

 

バイトも、サラリーマンも、給料を払ってもらうという点で
雇い主に依存しているからです。

 

 

 

これは、

「いくらでも、お前の他に代わりはいる」

「雇われているんだから、会社のために働け」

「金をもらってる以上、好きな事は出来ないのは当たり前」

という、精神的・身体的に拘束を受けることと同じです。

 

 

つまりは、

8時間以上も縛られ、満員電車に揺られて
通勤しなければならない、時間と作業を提供する、

肉体労働者と言えます。

 

 

会社の都合で、
やりたくもない肉体的な疲労を強いられている
という点では、工事現場のアルバイトと、
本質的には変わりません。

 

 

 

僕も、学生時代、ブラックなバイトをしていて、
このような心と体に制限を受けることへの、忍耐料として
賃金を得ていました。

 

 

 

この時の僕は、自立してお金を稼ぐという事を
考えたことすらなく、
一生縁のないことだとすら思っていたのです。

 

 

自立してお金を稼ぐということは、
つまり、人や社会に、何らかの価値を届けて、
お金を生みだす自動化を、戦略的に組んでいくということです。

 

お金を稼ぐという過程の中で、
パーツの一部を担うのは、

あくまで肉体労働者です。

 

 

 

戦略を組むとは、一つ一つの作業をビジネスの中で位置付けて、

お金を生むための全体計画の中に、落とし込んでいくことです。

 

これこそが、自立して、ビジネスをするということに他なりません。

 

 

 

なぜ多くの日本人が、ビジネスと聞いて「難しい」と感じるのか

 

僕も、最初にビジネスと聞いたとき、

「やり方もわからないし、難しそうだな」

というイメージをもっていました。

 

両親や親戚、友人など、身近な人が
一流の経営者ということでもない限り、

多くの人が、
「ビジネスは、難しい」と、無意識のうちに感じます。

 

ここで、ビジネスの中でも、
インターネットを使ったビジネス、
つまり、「ネットビジネス」を例にとりあげてみましょう。

なぜネットビジネスなのか。

それは最近の、AMAZONやGoogleの躍進をみても、明らかなとおり
インターネットを使わずに、成功しているビジネスを見つける方が
逆に難しいからです。

 

まず、事実として

ネットビジネスで、月に3万円以上を稼いでいる人は
3%もいないというデータがあります。

 

 

ネットビジネスをやっている人のなかで、
97%の人が、月に3万円も稼いでいないのです。

 

 

 

「なんだ、やっぱりビジネスは難しんじゃないか」

 

と思われるかもしれません。

 

 

 

 

事実、世の中にも、ネットビジネスは稼げない
という意見もよく聞きます。

 

最初は、僕自身、そういう風潮を真に受けていました。

 

 

しかし、僕は、ビジネスを立ち上げた多くの起業家と

繰り返し会ううちに、あることに気づいたのです。

 

 

 

ネットビジネスで稼いでいる人と、
稼いでいない人の間には、

たった一つの違いしかないということに。

 

 

東大でも、ビジネスの戦略の本質は教えてくれない

 

僕は、これまで、北海道から九州まで、
ビジネスをやっているという
何人もの起業家たちと会ってきました。

 

 

中には、日々、自由に好きなことをしながら、
年収数千万から、数十億を稼いでいる人もいれば、

逆に、毎日毎日、ブログを更新しながら、
一生懸命作業をしているのに、5年経っても、
ほとんど稼げていない人もいる。

 

 

本当に、たくさんの人たちがいました。

 

 

この3%の稼げている人と、97%の稼げていない人の
違いが、どこにあるか。

 

この違いは飽きれるほど、本当に単純です。

 

 

それは、シンプルに、
「ビジネスの戦略の正しい知識を学んでいるかどうか」
ということだけだったのです。

 

僕自身、何を勉強していいかもわからずに、
やみくもに作業ばかりしていた時は、全く成果があがりませんでした。

実に、97%もの、「稼げていない人」は
ビジネスを自ら実行するための原理原則に立った戦略を身につけず

やみくもに作業をしていたり、小手先のノウハウで、稼げると勘違いしています。

つまり、これは、97%の稼げない人が、別に能力が低いとか
そういうことでは全くないということです。

 

極論すると、世間一般では、能力が高いと言われている
東大生であったとしても、

入学早々、明日から独立してビジネスをやれと言われたら
100人中、100人が、

「はぁ!?、100%無理!!わけわかんない!」

と、途方に暮れるでしょう。

 

 

 

試しに、30人くらいの東大生に、
似たようなことを言ってみたら

鳩が豆鉄砲を食ったような顔で、
全員がフリーズしていました。

 

 

 

なお、東大生だろうが、中卒だろうが、ビジネスの知識と学歴は関係ない
という体験談は、こちらにも詳しく書いています。

 

関連記事:

元極貧東大生が、誰でも東大生を100人斬りできることを証明する

 

 

誰だって、幼稚園レベルのビジネスの知識しかもっていない

アルバイトや、会社などの組織の一部として成果を出すことと
自分本位で、主体的に稼ぐことは全く違います。

 

 

つまり、ビジネスについて、体系的に学んでいなければ、
やる前から難しく感じたり、実際に自分でやってみても、
うまくいかないのは、自然なことなのです。

 

 

この、当たり前の事実を、真摯に受け止めることが、
格段に人生を飛躍させる第一歩です。

 

 

 

 

具体的には、小学生から中学生の9年間で、
「国語」という教科を、何時間勉強してきたか、というと

大まかには、一週間に平均3時間、1年を50週間と考えて

3×50×9=1350時間となります。

 

 

受験したり、高校生まで進学した人は、もっと多いでしょう。

本や漫画を読んだり、アニメや映画を見ても、
日本語の勉強にはなります。

だから、実際は、より多くの時間を
国語の勉強にかけている。

 

 

要は、どんなに少なく見積もっても、1000時間以上は、
誰しも、国語の勉強に時間を費やしているということです。

 

 

これは、国語の例ですが
日本語に関しては、ほとんどの人が
長い間、労力をかけて、勉強しているのです。

 

 

小学校、中学校と、日本の教育で、習ったことについては
大人に近づくほど、子供との知識や経験の差は広がっていきます。

 

 

これに対して、ビジネスの勉強は、
日本の学校教育で、どのくらい、習っているでしょうか?

正規の授業では、全く、学校で教えられないはずです。
日本の学校のカリキュラムに、正式に組まれていないのですから。

 

お金がないと、多くの人は生きていけないのに
自立してお金を生むことを教えないというのは、意味不明です。

 

 

つまり、受けた教育が、東大卒だろうが、義務教育だろうが、
どんな大人も、ビジネスをする、という勉強をしていないという点で

 

「小学校入学前の幼稚園児とたいして変わらない」

 

ということです。

 

 

 

日本の教育制度を逆手に取る!裏下克上戦略

 

だからといって、これは、日本の大人たちの能力が低いとか、
そういうことではありません。

 

 

単に、ビジネスとして、主体的に人に価値を提供することで、お金を生む。

この仕組みを、構築するための勉強が、
日本の教育制度の中に組み込まれていなかった。

 

本当に、ただ、それだけのことなのです。

 

 

日本人であれば、義務教育という、均一化された教育を
受けなければならい以上、
これは、学校の制度が悪いとしかいいようがありません。

 

 

だって、日本は、資本主義なんですよ。

簡単に言うと、「資本とはお金」であって、
「主義とは、何を重要視するか」、です。

つまり、資本主義とは、お金を重要視する社会ということです。

 

 

 

お金を重要視する社会なのに、自力でお金を稼ぐための授業が
学校で1秒もないとか、わけがわからない。

 

 

これで、得をする人がいるとすれば、
均一で、代わりの効く労働者を、大量生産したいという
国や、経営者をはじめとする富裕層でしょう。

 

僕は、東大で勉強しながら、どんなに成績優秀な学生であっても
企業の社畜となって、一日に8時間以上拘束され、

毎日満員電車に乗り、うざい上司の下で、辛い思いをしながら働いている
東大卒の先輩たちを、嫌というほど見てきました。

 

 

せっかく、日本の教育システムで
一生懸命、勉強してきたはずなのに、
最後は、社畜となって、心と体の自由を制限されたまま
人生の大半の時間を奪われるというのは、悲しすぎます。

 

 

つまり、日本人の多くは、東大を出ていようが、義務教育までだろうが、
学歴とは全く関係がない。

自分の力だけで、お金を稼ぐための体系的な戦略・知識の習得。

 

この点において、幼稚園児と大差ないという事です。

 

 

逆に、ビジネスをすすめる戦略の立て方を学び、
いま、この瞬間から、知識と経験を積んでいけば、
学歴に関係なく、確実に群を抜いた存在になれます

 

「信じるな、疑うな、確かめろ」

 

以上が、最初に、ビジネスという言葉だけを聞いて、
難しいとか、胡散臭いとか、感じてしまう理由です。

 

 

 

僕自身、ビジネスの戦略を全く勉強したこともなく、
何も知らなければ、自分でお金を生む、ということに

「難しそうだな」とか、「よくわからないから、なんかむかつく」
と思ったものです。

 

 

これは、国語の例でいうと、言葉を覚え始めた幼児園児が、
いきなり難しい漢字の問題を出されるのと同じ感覚です。

 

あなたが、日本語を話して、意思疎通ができるようにはなってきた
幼稚園児だと想像してみてください。

 

これに対して、漢字検定の1級の問題を、
両親や先生に出されても、わけがわからないでしょう。

 

当然、100%無理!というレベルで「難しい」と感じるでしょうし

 

「なんで全く理解できないことを、自分にすすめるんだろう」

 

 

と、不信感をもつかもしれません。

 

 

 

 

 

僕は、ビジネスをやれと言われて、

「難しそう」、「絶対無理」、「怪しい」

と感じることは、むしろ日本の教育を押し付けられてきたみなさんにとって

当たり前だと考えています。

 

 

 

 

東大に入学しようが、義務教育を受けたばかりだろうが、
大半の人が、ビジネスの勉強に関しては、
大差ない同じスタートラインに立っている。

 

 

 

だからこそ、ビジネスの知識を学ぶことで
国や会社に使われるだけではなく、自力でお金を生み出せる実力を高め、
人生の自由度を上げていく最善の道だと確信しています。

 

 

これからは、一流企業であっても、
副業がどんどん認められる時代です。

 

「ビジネスを学ぶ=会社をやめる」ではなく
複数のキャッシュポイントもつ、というスキームです。

実際、僕のメルマガ読者にも、会社で仕事しつつ
ネットビジネスで稼いで、しかもそのお金を投資に回したりして
収入源を複数もっている人はたくさんいます。

 

こうなると、いやでもお金の面では困らないし、

会社や、起業仲間、投資仲間と、複数コミュニティができて
人生が超楽しいと言っていました。

 

 

僕は、この記事の最初に、

 

 

「ビジネスをやれば、遊びながら、サラリーマン以上に稼げる」

 

 

なんてことを言われると、多くの人は、半信半疑で聞いている、

と言いました。

 

 

 

まだ半信半疑のあなたに、伝えたいのは、

「信じるな!疑うな!確かめろ!」という

マジックジョンソンのメッセージと同じことです。

 

 

 

半分信じるのでも、半分疑うのでも、どちらか一方でもありません。

 

 

 

日本の教育を受けてきただけでは、信じるべきか、疑うべきか、
わからなくて、当たり前なのです。

 

この点に関しては、社会の教育制度が、一方的にオワコン化しているので
あなたは、何も悪くありません。

 

 

 

ただ、わからなければ、学んで、確かめればいい。それだけです。

 

 

 

結果的に、ビジネスを学ぶことで、学歴に関係なく
心から人生を楽しめる、自信を取り戻した方の話はこちらにも書いています。

中卒の派遣社員から、ビジネスをはじめて東大生たちに無双したNさんの話

 

 

最短・最速でビジネスを学び、成果を出すために

 

結局、多くの人が、最初にビジネスを難しく感じるのは、
勉強をする機会すら与えられなかったからです。

 

 

僕自身、ビジネスを学び、成功してきた多くの起業家たちを見てきて、
学んだことを、素直に行動していくだけで、誰もが自分の力で
自動的にお金を生み出せる戦略を、現実のかたちに変えています。

僕も、最初は、お金に関する知識は、幼稚園児並みでした。

 

 

しかし、幼稚園児からなら、学んで、小学生並みの力をつければいいだけです。

 

 

稼げない97%の人は、ひらがなしかわからない状態で、
小学生の漢字の問題を解こうとしている、というだけのことなのです。

 

 

言い換えれば、自力で、お金を生み出すことのできる3%の側の入るために、
基礎的な原理原則を学び、ビジネスを自ら行う上で、
小学生並みの実力をつければよい。たったそれだけです。

 

 

幸い、僕自身は、都心に住み、大きなお金の動きや
自動で月収1000万を超える、ビジネスや投資

それらを動かす、一流の起業家たちから直接
知識と経験を、学びつづけてきました。

 

 

僕は東大生だったということだけでなく、
ビジネスの知識を、100人以上に伝授してきた経験上、
誰かに教える、ということに関しては圧倒的な自信をもっています。

 

 

 

ぜひ、無料のメールマガジンによるビジネス講座から
お金を生み出す戦略の本質を身に着け、経済的に自立した人生を学んでみてください。

公式メールマガジンによるビジネス講座

 

それでは、今日はこのあたりで。

Pocket

 

 


僕は、自由な生活を送りながら、
月収120万円を稼いでいます。
自由な時間をもちつつ、
お金に不自由しないとか、
相当怪しいと思われるかもしれません。

お前には、センスがあったんだろう、
とか言われますが、
僕は、子供のころ、テストで0点をとったり、
いじめられてばかりで、何をどう頑張ったらいいのかわからないくらいのダメ人間でした。

しかし、ビジネスの基本原理を学び、
実践を続けた結果、
理想の生活に徐々に近づいていきました。

結局、人生を変えられるかどうかは、
正しい知識を得て、学んで行動する。
このパターン化された単なる繰り返しに、
慣れる。
たったこれだけでした。

社会は、「最低限の」自由を与えてくれます。
だけど、世の中には、ただ与えられるのではなく、ゼロからはじめて、自ら理想の未来を勝ち取っている人たちも、大勢いる。
何ものにも拘束されない人間に共通しているのは、

「正しい戦略を学び、実践する」

ことに尽きます。

正しい戦略というのは、
実は、本当にシンプルです。
対して、世の中には、
玉石混交の質の低い情報が多すぎる。

僕は、期間限定で、
一流の起業家や、ビジネスの達人から学び、実践した情報を無料で公開しています。
より詳しい情報発信の理念は、こちらをご覧ください。

メールマガジンの登録

ブログでは語られない、社会の変化に流されない生き方。学校で教えてくれない、富裕層だけがもっている知恵。お金や芸能界の話・・・内容盛りだくさんの無料メールマガジンをお送りします。

ご興味をもたれた方は、こちらからご登録ください。


・@icloud.com、@me.comは届きにくいため、PCメールを推奨します
(Gmailが届きやすいのでGmailを推奨します)。
・しばらくたってもご案内メールが見当たらない場合は、迷惑メールフォルダなどに振り分けられているか、間違ったアドレスでお手続きをされた可能性があります。

その場合は、お手数ですが、再度メールアドレスをご確認の上、お申し込み手続きを行ってください。