安定して月収100万以上を稼げる資産があるのに、僕が学んで行動し続けている理由

Pocket

こんにちは、たーさんです。

今日は、僕自身、
生きていくには十分なお金を生む資産があるのに、
どうして学んで、行動し続けているのか、
ということについて話していきますね。

僕のことを知っている人からは

「十分にお金が入ってくるのだから、
別に、働かずに、のんびりしていればいいんじゃないの?」

という感想をもたれることもあります。

僕が、今も、学んで行動し続けている理由は

・引きこもって、何もしていないと、退屈だし、ださいから

・実は世の中にいくらでもいる
 かっこよすぎる人たちと、同じ視点に立ちたい

・調子に乗って、すごい人に出会って吹っ飛ばされると、
 悔しいし、自分が大嫌いになるから

・知らなかった新しい世界を広げて、冒険する感じがわくわくする

・世界で人知れず活躍している、たくさんのすごい人に会えるから

・単純に、知識と経験を積んで、成長できると楽しいから

お金関係の面でいうと、

「月100万程度だと、消費者として受け身で生きていく分には問題ない。
 だけど、事業を仕掛けていくうえでは、不十分だから」

というのもあります。

おおまかな理由は、そんな感じです。

一方、昔の僕は、引きこもりでニート状態だった経験もあったりします。
そこで、そのあたりの経緯も含め、
今、自らビジネスをしている理由について話していきます。

 

 

そもそもなぜビジネスを学ぼうと思ったのか

何もしなくても生きていけた生活。ただひたすら暇だった

僕自身、大学を出て
蓄積してきた資産で、何もしなくても
生きていくには困らない生活を送っていました。

 

海外旅行にいったり、北から南まで日本中をふらふら渡り歩いたり、
本当にいろいろなところに行きました。

 

アメリカなんて何回も行ったし、
ヨーロッパも東西南北と、かなりマイナーなところも行きました。
イタリアの田舎とか、食べ物も美味しいし
隠居している伝説の学者を訪ねて行ったり。

 

しかし、基本的に友達が少なかったし、
平日の昼間から空いている知り合いなど、
皆無に等しかったので、要は、ものすごく孤独でした。

 

 

数少ない友達と、旅行に行くにしても、
毎回一緒にいると、お互いに、刺激の新鮮さも薄れてきます。

そんなこともあって、だんだん飽きて
楽しくもなくなってくる。

それで、いつのまにか、外出もしないようになり、
引きこもりのニートのようになっていきました。

 

また、特に、投資などの収入源は
根本的に、投資対象の価値の変動に依存します。

 

 

だから、投資対象そのものに、
自分から仕掛けることも、コントロールすることもできない。

 

仮に、現状、投資で利益は出せていても
達成感や、自身が成長している感覚がまるでありません。

 

 

リーマンショックの例にみるように
例え、今はうまくいっていても、何かのきっかけで、
投資の資産が激減してしまうかもしれない、と考えると、
不安でしかたありませんでした。

 

会社や国に使われることだけは絶対にやだった

「そんなに不安なら、就職したらよかったんじゃないか」

 

と思われるかもしれません。

 

 

 

というか、実際に、たくさんの人から言われました。

 

 

でも、僕は、東大卒の先輩たちの様子や話を聞いていて

一日8時間以上も拘束され、
他人や組織に自分のことを勝手に決められるような

そんな人生はやだった。

 

 

 

それに、官僚や多くの企業は、
若いころは、どうしても下積みの期間があり、

学生の頃、どんなに個性的だった人も、
「小さくまとまってしまう」感じがまたやでした。

 

 

しかも、新入社員で、与えられる権限なんて知れています。

1年間の成長スピードが、
僕にとっては、どうしても遅いとしか思えなかった。

 

 

だからといって、何も仕事をせずに引きこもっていた僕は
ろくに行動もできない、本物のクズ人間でした。

 

 

 

 起業家たちの世界を知って、人生が変わった

そんな、引きこもりだった僕をみかねて、
大学生の頃からの友人が飲みにさそってくれたり、
面白い話をもってきてくれることもありました。

彼は、大学を卒業して、そのまま東京に就職していたので
距離的にも会いやすかったというのもあります。

 

しかも、経営者目線のコンサルティングもやっていたので
お金を稼ぐ、ということに対して、ものすごく精通していました。

正直、あのまま一人で引きこもっていたらどうなっていたか
わからない。だから、友人には、いまでも感謝してます。

 

 

そんななか、飲み会に呼ばれたり、
その時に、人を紹介してもらったりしながら、

自らビジネスに取り組む、起業家の世界を知りました。

 

 

ビジネスというと、最初は、

「難しそう」、「金に汚そう」、「胡散臭い」

というのが、昔の僕の勝手なイメージです。

 

 

 

いま思うと単に僕が実態を知らなかっただけの、
完全な思い込みでした。

 

分からないものがあれば、
それを知ろうと行動すればいいだけなのに。

勝手に壁を作っていた僕は、単に怠けていただけだし
ものすごく損をしていた。

実際に多くの起業家の方々と会い、
学んでいくと、僕自身、ビジネスというものを
何一つ知らなすぎました。

 

 

 

 

ビジネスのハードルは、
世の中の「常識」に反して、全く高くない。

その理由は、こちらの記事でも書いています。

なぜネットビジネスで、97%が月収3万すら稼げないのか

 

 

 

 

正しい戦略さえ学べば、
行動した分だけ、いくらでも伸びる世界

ビジネスの勉強をはじめた当時
実際に取り組んでみて感じたのは、

 

 

起業家の世界は、物事の動くスピードが圧倒的に早い

事業や世の中に対して、いろいろなアイデアの人と話す機会がある

最前線で指揮をとる企業家から、実情の話を聞くのが

経済的にも精神的にも何ものにも依存しない、
自信の塊のようなものすごい人ばかりと、大量に出会いがある

 

こんなところです。

 

こういう方たちとお会いして、知識と経験の差を
見せつけられると、あまりにちっぽけな自分が吹っ飛ばされます。

 

 

資産500億の35歳、
月収500万円の大学生、
世界規模の進出に動いている起業家

 

 

こういう人たちと出会うたびに、
僕自身、怠けていたことに対して、ものすごく後悔しました。

 

 

自分も、同じ視点に立てるように、力をつけたい。

 

 

というか、そうしなければ、
いつまでも自分のことが大嫌いなまま。
今変われないと、一生変わらないと必死でした。

「こんな思いは、もう二度としたくない」

そう感じた僕は、ビジネスを本気で学ぼうと決意して
本当の富裕層から学ぶために、700万円を突っ込みました。

 

 

 

 

価値を届けるということ:
ビジネスの学びと実践で、成長し進化する

 

 

初めて、ビジネスに取り組んだ時は、
本当に何もかもが新鮮でした。

 

 

お金を払うという行動を、相手におこさせるには、
当然のことながら、相応の価値提供を用意していることが、
前提となります。

 

人に雇われて、ある事業のパーツを担うのではなく、
僕自身が、どうやって、価値を届けるのか。

価値提供の全体の戦略を考えた計画を、
ビジネスのプロジェクトとして具体的な行動に
落とし込む。

その過程そのものに、いままでにない学びがありました。

これまでに誰からも体系的に学ばなかったし
経験したこともなかったから、
新しいことをする、という冒険感が半端なかった。

 

しかも、学んだ結果が、お金を生む資産として
数字で見える化されるので、この頃からは、本当に楽しんでました。

 

 

価値提供の結果として、お金を得るということは、
金額という目標設定もしやすいですし、

何より、僕も含めて、誰もが真剣になります。

 

ビジネスという新世界で、
本気でわたり合おうとする、
新しい経験知が本当に新鮮でした。

 

 

ここまで書いてきて、自分の人生観は、
かなり変わってきたな、と思います。

最初は、子供の時から、まず貧乏をなんとかして
自信もつけたかった。

それがお金をもてるようになってから、
もっとすごい人に会いたいとか、
新しい世界を知りたい、という思いが強くなっている。

 

 

ビジネスを通して、行動しまくると、結果的に利益も格段に増えるので、
展開できる事業の自由度も増します。

具体的には、事業の規模を大きくしたり、
会ったこともなかったようなすごい人と、一緒に仕事ができたりね。

この過程で経験値を蓄えると、ますます実力も収益も高まります。

 

 

こうなると、インストールした知識を、実践し、
フィードバックを得る、というサイクルが
どんどん質の高いものになる。

 

別に上に書いたようなサイクル自体
ビジネスをはじめたころと、対して変わってないです。

それだけのことのに、規模や利益はどんどん大きくなって
これが、最高に楽しい。

 

知識をインプットして、行動してアウトプットした結果から学ぶ。
この過程を高速で繰り返すこと以上に、急成長できる方法はありません。

ビジネスを学び、実行し続けることが、
僕にとって、人生を魅力的にした、
大きな選択だった考える理由です。

 

 

 

ビジネスはドラクエだと考えるとわかりやすい

ビジネスを学んで、行動する冒険感は、
ドラクエに例えるとわかりやすいです。

 

 

最初、お金を貯めたら、武器を買って強くなる。
すると、さらに強い敵と戦えるようになるから
どんどんお金もたまって、いつの間にか武器の費用も回収できてしまう。

そうするといままでたどり着けなかったところにも
すすんで行けて、だんだんと世界が広がりをもってくる。

 

 

それを繰り返していくと、
街で大量生産されている武器より、

ずっと価値のあるレアアイテムが、
世界中に、たくさん眠っていることがわかってくる。

 

 

そこで、もっと強くなって、
誰も行ったことのないような
「遠くへ、探検にいきたいなー」って思うわけです。

最初は、お金を貯めて、武器でも強くなれたけど、
だんだん経験値を積んで、自身が成長することが目的になってくる。

ただ、その過程でも、結果的にお金はどんどんたまっていく。

 

 

 

このあたりになると、手持ちのお金がいくらだろうが
「ビジネスを続けて、世界を広げたり、成長したい」、
という姿勢に近いかなって思います。

 

 

 

新しい出会いや、世界を冒険するのが面白くて
「成長して、強くなる」を楽しむ。

 

 

 

より高い障害を乗り越えて、
結果として、人知れず世界を救って。

「これって、ビジネスの学んだ起業家の人生そのものじゃないか」

って思うんですよ。

 

 

だから、僕もどんどん成長して、強くなりたい。

 

 

 

 

 

強くなるために~9兆円稼いでも満足しない世界~

 

成長して、強くなるために、

・収益化をできるほどの、価値提供から得られる学び

・知らなかった新しい世界に触れることによるわくわく感

・正しい戦略で行動するほど蓄積される知識と経験

 

 

 

これらを目的とする人生観は、
大学で、しかたなく授業を受けていたり、
日々、たいくつなままで、絶望した状態では
絶対に出会えなかった世界でしょう。

 

 

 

しかも、月収20万、50万、100万、500万と、
成果が数字で、はっきりと目に見えるのが、ビジネスです。

 

 

 

このように、成果が見えるようになると、
目標設定も明確で、実績のあるすごい人も次から次へと現れます。

 

 

 

目標が数字で見える化され、周りに実力をもち、
かつ魅力的な人が集まる。
僕自身、もたもた行動できなかったりすると、
ほんとに後悔してます。

 

 

後悔して、自分を嫌いになるって
あんな思いは2度としたくないくらい、辛かった。

 

 

ビジネスの世界に身を置いて、
周りの環境をすごい人で固めると、さぼっている自分がださすぎるから、
いい意味で、強制力が働いて、本気で行動を起こすようになるんですよね。

ちなみに、すぐれた起業家には、
魅力的な人間が多い、ということについては
以下の記事でも書きました。

人間の魅力は合理的でないところ

 

どんなに成功した人も、現状に満足して、
何にも挑戦しなくなったら、
途端に魅力が失われるんですよ。

進化がない。

 

 

 

 

マクロソフト社の創業者であるビルゲイツも
9兆円の資産を稼ぎ出したと言われています。

それほどの実績もっても、ゲイツは満足していないですよね。

 

 

慈善財団を設立し、
地球上の貧困問題を解決しようと

文字通り、世界を救う事業を手掛けています。

 

 

しかも、財団の投資運用などで
トータルでも収益を上げ続けている。

 

 

ビルゲイツのようなトップレベルの資産家が、そろって

「いやーもう金稼ぎには満足したから、一生豪遊してくらしたるわー」

とか言っていたら、その時点で、技術に進歩も生まないし
かっこよくも、魅力的でもない。

 

貧富の格差で苦しんでいる
世界中の人が救われなかった可能性も高い。

貧困や健康に関するテクノロジーも
加速しないわけです。

 

 

卵を生産する鶏10万匹を配って慈善事業をするとか。

 

下手に貧困層に鶏を与えたら、その場で食べられてしまいそうだと
多くの人が思う。

だけど、社会的に価値を提供してきた実績と信用があると

反発はあっても、「ビルゲイツの考えであれば」と、
多くの人は動かされます。

 

 

地球上で最も稼いだと言われる人すら
現状に満足せずに、世界を相手に仕掛けていると
「すごいな、かっこいいな」って素直に思いますね。

 

 

だから僕自身も、まだまだ走り続けます。

何か思うところがありましたら、
ぜひコメントいただければ、嬉しいです。

 

 

 

 

また、僕自身が、富裕層や起業家の世界から学んだことを
無料メルマガのビジネス講座で発信しています。

ブログでは書けない内容を
体系的かつ、最短で共有できるようになっています。

ぜひ学んでみてください。

公式メールマガジンによるビジネス講座

 

Pocket

 

 


僕は、自由な生活を送りながら、
月収120万円を稼いでいます。
自由な時間をもちつつ、
お金に不自由しないとか、
相当怪しいと思われるかもしれません。

お前には、センスがあったんだろう、
とか言われますが、
僕は、子供のころ、テストで0点をとったり、
いじめられてばかりで、何をどう頑張ったらいいのかわからないくらいのダメ人間でした。

しかし、ビジネスの基本原理を学び、
実践を続けた結果、
理想の生活に徐々に近づいていきました。

結局、人生を変えられるかどうかは、
正しい知識を得て、学んで行動する。
このパターン化された単なる繰り返しに、
慣れる。
たったこれだけでした。

社会は、「最低限の」自由を与えてくれます。
だけど、世の中には、ただ与えられるのではなく、ゼロからはじめて、自ら理想の未来を勝ち取っている人たちも、大勢いる。
何ものにも拘束されない人間に共通しているのは、

「正しい戦略を学び、実践する」

ことに尽きます。

正しい戦略というのは、
実は、本当にシンプルです。
対して、世の中には、
玉石混交の質の低い情報が多すぎる。

僕は、期間限定で、
一流の起業家や、ビジネスの達人から学び、実践した情報を無料で公開しています。
より詳しい情報発信の理念は、こちらをご覧ください。

メールマガジンの登録

ブログでは語られない、社会の変化に流されない生き方。学校で教えてくれない、富裕層だけがもっている知恵。お金や芸能界の話・・・内容盛りだくさんの無料メールマガジンをお送りします。

ご興味をもたれた方は、こちらからご登録ください。


・@icloud.com、@me.comは届きにくいため、PCメールを推奨します
(Gmailが届きやすいのでGmailを推奨します)。
・しばらくたってもご案内メールが見当たらない場合は、迷惑メールフォルダなどに振り分けられているか、間違ったアドレスでお手続きをされた可能性があります。

その場合は、お手数ですが、再度メールアドレスをご確認の上、お申し込み手続きを行ってください。