成長できる可処分時間を増やす。フィードバック学習で、勉強の効率を加速させる

Pocket

こんにちは、たーさんです。

 

今回は、フィードバック学習で、
勉強効率を加速させる、
ということについて、書いていきます。

 

フィードバック反復学習とは

ここで、フィードバック学習とは、
一度学んだことを、
自身の脳内の中で、繰り返し、
思い起こして、発想として
浮かんだことについて、考えることです。

 

インプットした知識・情報を、
こねくり回すと言うこともできます。

 

フィードバック学習のメリットは、
まず、勉強の時間が、大幅に
取りやすくなるといことです。

 

例えば、受験生なら、
昨日、勉強したことなんだっけ?
挑戦って、英語でなんだっけ?

とフィードバックします。

 

 

本を読んだ時も、
最初にこの話があって、
次の構成がこうで・・・
と思い出すわけです。

 

以下の動画でも解説しています。

 

フィードバック反復学習で超えていく人間の忘却

で、実践すると、体感できるのですが、
これ、やってみると、本当に
あほみたいに思い出せないのです。

 

「あっるぅぇぇぇぇ?」

「昨日やったはずなのになー」

「おかしいなー」

 

という感じです。

 

要するに、人間とは、
とんでもないほどに、忘れるのです。

 

だからこそ、繰り返し思い出して、
忘却を突破できた人が勝ちます。

 

そこまでして、真の意味で、
知識への自己投資なのです。

 

そもそも、何か物事を成し遂げる上で、
知識がないということはあり得ません。

 

ですし、一度やったことを思い出せずに
結果がでないからといって、

「あぁ、俺はなんて馬鹿なんだ。何やっても無駄だ」

と、昔の僕のように、
勝手に絶望するのは、どう考えても、
あまりに早まった考えと言わざるを得ませんし、
何より、もったいなさすぎます。

 

過去の自分に言ってやりたいのは、

昔の俺「あぁ、昨日やった単語覚えられなかった。馬鹿な俺は勉強しても無駄だ」

今の俺「いやいや、はえーよ。まだ何もやってないだろ」

ということです。

 

 

昨日やったことを忘れるなんて、むしろ当たり前。

繰り返しフィードバックして初めて、覚えられるわけです。

 

これに気づかずに、勝手に自分は馬鹿だと、
あきらめて自滅する人が多すぎるので、
一発で覚えられる奴なんて、皆無という
厳然たる事実を意識して行動するだけで、
無駄に傷つくこともないし、
大半のライバルをごぼう抜きできます。

 

誰しも一発で覚えられる奴なんてほんの一握りで、
仮にいたとしても、そんな奴は、トップ合格するような天才なので、
最初から考慮に入れる必要すらありません。

 

我々凡人は、フィードバック学習だけを意識して、
淡々と、一つ一つの行動のハードルを下げて、
繰り返し、思い出して、学ぶ。

 

これだけで、圧倒的に差がつきますよ。

 

フィードバック反復学習のわかりやすい具体的方法

例えば、毎日、面倒な上司の対応をして、
仕事から疲れ切って、
家に帰ってきたとします。

 

受験生なら、部活で運動をして、
疲れ切って帰ってくる。

という場合もあるでしょう。

 

そんな状態でも、さまざまな時間を
勉強にあて、着実に成長できるのが、
フィードバック反復学習です。

 

例えば、トイレに入ったら、
または、風呂に入ったら、
最低限、1分間は、
昨日、読んだ本について思い出そうとか。

今日、、授業でやったことについて、
考えてみようとか。

 

自分の当たり前のようにすることに対し、
ルール化していくわけです。

 

他にも、通勤・通学で、
バスを待っている、電車を待っている時も
携帯をいじるのは、封印するとルール化し、

昨日の夜までに、勉強したこと、学んだことを
繰り返し、思い起こすと決めます。

 

繰り返しますが、これをやってみると、
ガチで、全てを思い出すのは無理で、
忘れまくっているものです。

 

それがむしろ普通です。

 

試しに、このブログに書いてあることを、
今日、この後、食事をとる時、
または、寝る前などにフィードバックして、
自分で思い出して、アウトプットできるか。

30秒でも、やってみてください。

 

「えーっと、フィードバック学習が大事なんだっけ」

「けど、忘れるのは当たり前とか言ってたな」

「で、ルール化が大事で」

 

みたいな、反復です。

 

けど、実際にやってみると、忘れまくってるし、
できない。

 

ですが、これをやることによって、
人間本来の、物忘れのやばさを、
実体験として、自覚的になれるのです。

結果、本当の意味で、謙虚になるからこそ、
奢らずに、当たり前のように繰り返す、
一回で覚えられなくて当たり前、
というマインドセットになります。

 

はたから見ると、
「一度でできなくても、あきらめずない。精神的にタフだ」

とか、勝手に思われるでしょうが、

「忘れるのも繰り返すのも当たり前だろ」

というマインドですね。

 

フィードバック反復学習と世界トップレベルで勉強しない日本の社会人

動画でも話していますが、
世の中の中小企業の経営者と話していると、
反復どころかそもそも学んでいない
経営者というのが多すぎます。

 

統計的に、世界でトップレベルで勉強しない
日本の社会人というのは有名です。

 

これは、経営や価値提供の手段、ビジネスを
いかに組み立てていくかということを
体系的に学べる教育機関がないので、
日本の学校側にも原因があるのは事実。

 

だからこそ、知った者が圧倒的に勝つのです。

 

当たり前ですが、学ばないと本当に正しい方法が、
何もわかりません。

 

価値というものは、人にその価値が伝わって、
本当の意味で価値になります。

 

逆に価値が知られなければ、金だろうが、
銀だろうが、価値がないのと同じ。

 

自立して稼げるというのは、
何もないところから金が降ってくるわけではない。

価値提供をするから、対価としてお金が得られるのです。

 

ちなみに、「汗をかけ」とか
「足で稼げ」とか、とにかく行動行動、
経験経験だけ言う上司や先輩は注意ですね。

 

いかに行動しようが、知識なくして
ただ行動しても徒労に終わり、
結局、報われずに、ロジックはいつまでも
身につかないので、再現性がありません。

 

フィードバック反復学習の効用:就職活動も戦争である

知識がない、戦略が立てられない国が戦争で負ける。

これは歴史が証明する事実ですが、
現代も、個人間の競争社会である以上、
就職活動も含めて戦争です。

 

受験戦争なんて言う言葉もあります。

 

つまり、個人でも知識がないと、勝負に負ける。

 

それを知っているからこそ、僕自身、
学ばないことについては、危機感しかありません。

 

メディアの作り方、マーケティング、
コンテンツを生み出す方法というあたりのことは、
知らなかった過去の自分を思い出すと、
やば過ぎるというか、恐怖としかありません。

 

逆に、知らない人が多すぎるからこそ、
学んだ人間が圧倒的に、味を占めている世界です。

 

例えば、10年以上前の僕が、

「不労所得なんて、うさん臭い。あり得ない」

と言っている自分に対して、今なら

「じゃあ、なぜあり得ないのか、論理的に説明できますか?」

と聞くでしょう。

 

実際、稼いでいる経営者と飯でも食いに行くとわかりますが、
ま、ほとんどの場合、不労所得です。

 

というか、不労所得のオンパレードというレベルで、
あくせく労働をしている人を探すことの方が、本当に難しい。

 

彼らがそろいもそろって、天才ということは当然のことながら、
全くなくて、淡々とある一定期間、
収益を上げるビジネスの仕組みを組み立ててきたにすぎません。

一つ一つのやっていることは、才能とかそんなものでなく
まったくもって、意味わからんほど地味なことを積み上げています。

 

これも、知識という武器をもっているだけで、
生きている世界が違うレベルで、格差を生む例ですね。

 

 

 

Pocket

 

 


僕は、自由な生活を送りながら、
月収120万円を稼いでいます。
自由な時間をもちつつ、
お金に不自由しないとか、
相当怪しいと思われるかもしれません。

お前には、センスがあったんだろう、
とか言われますが、
僕は、子供のころ、テストで0点をとったり、
いじめられてばかりで、何をどう頑張ったらいいのかわからないくらいのダメ人間でした。

しかし、ビジネスの基本原理を学び、
実践を続けた結果、
理想の生活に徐々に近づいていきました。

結局、人生を変えられるかどうかは、
正しい知識を得て、学んで行動する。
このパターン化された単なる繰り返しに、
慣れる。
たったこれだけでした。

社会は、「最低限の」自由を与えてくれます。
だけど、世の中には、ただ与えられるのではなく、ゼロからはじめて、自ら理想の未来を勝ち取っている人たちも、大勢いる。
何ものにも拘束されない人間に共通しているのは、

「正しい戦略を学び、実践する」

ことに尽きます。

正しい戦略というのは、
実は、本当にシンプルです。
対して、世の中には、
玉石混交の質の低い情報が多すぎる。

僕は、期間限定で、
一流の起業家や、ビジネスの達人から学び、実践した情報を無料で公開しています。
より詳しい情報発信の理念は、こちらをご覧ください。

メールマガジンの登録

ブログでは語られない、社会の変化に流されない生き方。学校で教えてくれない、富裕層だけがもっている知恵。お金や芸能界の話・・・内容盛りだくさんの無料メールマガジンをお送りします。

ご興味をもたれた方は、こちらからご登録ください。


・@icloud.com、@me.comは届きにくいため、PCメールを推奨します
(Gmailが届きやすいのでGmailを推奨します)。
・しばらくたってもご案内メールが見当たらない場合は、迷惑メールフォルダなどに振り分けられているか、間違ったアドレスでお手続きをされた可能性があります。

その場合は、お手数ですが、再度メールアドレスをご確認の上、お申し込み手続きを行ってください。