元東大生が教える、誰でも最短最速で上達する英会話の基礎

Pocket

こんにちは、たーさんです。

 

今回は、英会話の基礎について、
話していきたいと思います。

 

動画でも7分でまとめています。

まず、大前提ですが、英語を日常会話程度に
操るのであれば、中学校程度の知識でも可能です。

 

では、なぜしゃべれないのか。

 

それは、頭でわかっていても、
話すレベルまでもっていけていないからです。

 

これは、日本語でも同じです。

 

 

日本人でも、ぺらぺらしゃべれる人と、
うまくしゃべれない人はいるでしょう。

 

一言でいうと、スピード。

瞬間的に、口をついて言葉が出るかどうかという
トーク力だけの違いとも言えます。

 

特に、日本語と英語の違いのポイントは、
疑問文の倒置です。

例えば、これはペンですか?

は、英語で、

Is this a pen ?

と表現しますね。

 

逆に、これはペンです。

は、英語で簡単に即答できる人が多いでしょう。

This is a pen.

 

疑問形を難しいと感じる最大の原因は、
日本語に倒置という概念が、一般的でないからです。

 

具体的に上の例でみていきましょう。

 

これはペンですか。

これはペンです。

 

 

この二つの違いは、最後に「か」があるかどうかだけです。

 

中国語も同じです。

疑問文の文末に「〜ま」が使われと、最後に「吗」(ま)と書けば、疑問文になります。

 

 

なので、日本人は、英語で質問をスピーディーにできない、
頭で伝えたいことはあっても、とっさにしゃべれないのは、
倒置になれていないだけと言うこともできます。

 

逆にこれだけに慣れてしまえば、劇的に高速で
しゃべれるようになります。

 

なので、ぜひ倒置に集中して意識していただければと思います。

 

 

なお、疑問文における指示語については、
Are they…

Did you…

とかの、Be動詞や、一般動詞の
対応を覚えるだけですね。

 

5W1Hも同じです。

How,What,Where,When,Why,Which….

 

あなたの家はどこですか?

Where is your house ?

 

 

 

本当に、疑問形の倒置を意識して学ぶだけで、
圧倒的に、英語でしゃべるハードルが下がりますよ。

 

なんか、英会話で難しい単語を覚えようとする人が
多すぎるんですが、英検・TOEICや大学受験や、
ビジネス英会話でなく、

本当に使える日常英会話を身につけるのであれば、
指示語を使った疑問文を習得する。

 

これ以上に優先度の高いものはありません。

 

瞬間的に、スパーンと、英語が口から出てくるか。

日常会話ではこれが全てなんで。

 

では、今日はこの辺で。

 

 

復習用に動画でもまとめています。

 

Pocket

 

 


僕は、自由な生活を送りながら、
月収120万円を稼いでいます。
自由な時間をもちつつ、
お金に不自由しないとか、
相当怪しいと思われるかもしれません。

お前には、センスがあったんだろう、
とか言われますが、
僕は、子供のころ、テストで0点をとったり、
いじめられてばかりで、何をどう頑張ったらいいのかわからないくらいのダメ人間でした。

しかし、ビジネスの基本原理を学び、
実践を続けた結果、
理想の生活に徐々に近づいていきました。

結局、人生を変えられるかどうかは、
正しい知識を得て、学んで行動する。
このパターン化された単なる繰り返しに、
慣れる。
たったこれだけでした。

社会は、「最低限の」自由を与えてくれます。
だけど、世の中には、ただ与えられるのではなく、ゼロからはじめて、自ら理想の未来を勝ち取っている人たちも、大勢いる。
何ものにも拘束されない人間に共通しているのは、

「正しい戦略を学び、実践する」

ことに尽きます。

正しい戦略というのは、
実は、本当にシンプルです。
対して、世の中には、
玉石混交の質の低い情報が多すぎる。

僕は、期間限定で、
一流の起業家や、ビジネスの達人から学び、実践した情報を無料で公開しています。
より詳しい情報発信の理念は、こちらをご覧ください。

メールマガジンの登録

ブログでは語られない、社会の変化に流されない生き方。学校で教えてくれない、富裕層だけがもっている知恵。お金や芸能界の話・・・内容盛りだくさんの無料メールマガジンをお送りします。

ご興味をもたれた方は、こちらからご登録ください。


・@icloud.com、@me.comは届きにくいため、PCメールを推奨します
(Gmailが届きやすいのでGmailを推奨します)。
・しばらくたってもご案内メールが見当たらない場合は、迷惑メールフォルダなどに振り分けられているか、間違ったアドレスでお手続きをされた可能性があります。

その場合は、お手数ですが、再度メールアドレスをご確認の上、お申し込み手続きを行ってください。