すぐわかる堀江貴文のマネー論「貯金は『お金の飼い殺し』だ…!」の根本を3分でわかりやすく解説する

Pocket

こんにちは、たーさんです。

 

今回は、僕がコンサルをしているIさんから、
「貯金はお金の飼い殺し」の意味について
聞かれたので、解説した話を書いていきます。

 

動画で聞き流すだけでもわかるように話しました。

ーーーーーーーーーーーーーーー

Iさん「貯金はお金の飼い殺しって今いちピンとこなくて・・・」

た「根本的には日本の借金を理解するとわかりますよ」

I「えっと、今は確か1200兆円くらいですかね」

た「この借金って、元をたどれば国民から借りています」

I「えっ、僕は貸したおぼえないです」

た「Iさんは、貯金って、どこに預けてます?」

I「ゆうちょとか、銀行です」

た「預金や保険料として農協、信用金庫、保険会社、要は金融機関に貸す」

I「他には、年金基金とかもそうでしょうか」

た「で、預けたお金はどこにいっているかわかりますか?」

I「銀行の金庫・・?」

た「お金を預けられた金融機関はお金を運用します」

I「お金を運用する」

た「具体例としては、国債を買います」

I「国債」

た「簡単に言うと、20万円国債を買うと年1000円儲かるとかの商品です」

I「年利率が5%とかの、国が出す金融商品」

た「つまり、われわれ国民は、銀行に金を貸します」

I「預けているのではなくて、貸してる」

た「銀行イコール貯金箱ではない」

I「どちらかというと貯金箱みたいな感覚でした」

た「銀行は、借りたお金を国に貸します」

I「その引き換えとして、銀行は国債を受け取る」

た「要するに、国民から国に、お金がいっている。客観的事実です」

I「国民から国にお金が流れているのが、客観的事実」

た「例えば、貯金は美徳みたいに言われますよね」

I「親や学校ではそんな風に習いました」

た「そういう価値観が、戦後、国民が国に金を貸す構造を支えてるわけです」

I「戦後から続いている洗脳。国民全員が金を貸している」

た「銀行に1円もお金が入っていない人を除いて」

I「99.9%は、国への金貸し」

た「金貸しです」

I「金貸し。なんか悪徳商人みたいで、せこいというか、がめついイメージですね」

た「日本の世間一般では金貸しはそういうイメージ。けど国民は親切すぎる金貸し」

I「国民は、親切すぎる金貸し・・・悪く言えば、カモ」

た「だって、Iさん、年間の利率どのくらいで銀行に預けてます?」

I「0.01とか、0.02%とかです」

た「つまり、300万貸したとしますよね。そしたら?」

I「一年後に、300万と600円返してくれれば良いといいうこと・・・」

た「ハイパー親切な金貸しですね笑。僕が借りたいくらいっすよ」

I「銀行を貯金箱としか見てなかったです」

た「多くの国民がそう思っている結果がこれ。しかも銀行は手数料とってくる」

I「現実を知ると、銀行ってとんでもない企業ですね」

た「非常に効率的な仕組みを作り上げた組織ですね」

I「銀行に金預けるの馬鹿らしくなってきました」

た「その感覚こそ、貯金は、お金の飼い殺しという根本ですね」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

終わり

 

Pocket

 

 


僕は、自由な生活を送りながら、
月収120万円を稼いでいます。
自由な時間をもちつつ、
お金に不自由しないとか、
相当怪しいと思われるかもしれません。

お前には、センスがあったんだろう、
とか言われますが、
僕は、子供のころ、テストで0点をとったり、
いじめられてばかりで、何をどう頑張ったらいいのかわからないくらいのダメ人間でした。

しかし、ビジネスの基本原理を学び、
実践を続けた結果、
理想の生活に徐々に近づいていきました。

結局、人生を変えられるかどうかは、
正しい知識を得て、学んで行動する。
このパターン化された単なる繰り返しに、
慣れる。
たったこれだけでした。

社会は、「最低限の」自由を与えてくれます。
だけど、世の中には、ただ与えられるのではなく、ゼロからはじめて、自ら理想の未来を勝ち取っている人たちも、大勢いる。
何ものにも拘束されない人間に共通しているのは、

「正しい戦略を学び、実践する」

ことに尽きます。

正しい戦略というのは、
実は、本当にシンプルです。
対して、世の中には、
玉石混交の質の低い情報が多すぎる。

僕は、期間限定で、
一流の起業家や、ビジネスの達人から学び、実践した情報を無料で公開しています。
より詳しい情報発信の理念は、こちらをご覧ください。

メールマガジンの登録

ブログでは語られない、社会の変化に流されない生き方。学校で教えてくれない、富裕層だけがもっている知恵。お金や芸能界の話・・・内容盛りだくさんの無料メールマガジンをお送りします。

ご興味をもたれた方は、こちらからご登録ください。


・@icloud.com、@me.comは届きにくいため、PCメールを推奨します
(Gmailが届きやすいのでGmailを推奨します)。
・しばらくたってもご案内メールが見当たらない場合は、迷惑メールフォルダなどに振り分けられているか、間違ったアドレスでお手続きをされた可能性があります。

その場合は、お手数ですが、再度メールアドレスをご確認の上、お申し込み手続きを行ってください。