起業後1000日目の変化と経済的自立達成で見えた富裕層の新世界

Pocket

どうも、たーさんです。

自立して事業を始めてから、
きっかり千日程度、経過したこともあり

事業を開始したことで
得られたことや
ここ半年程度の、気づき、
変化について、
今回は書いていきます。

貧乏だった頃からの友人に
「まるで別人だな」
そう言われるほどに、
僕自身、異世界に移動したと感じます。

1000日目と言う1つの節目で
ここに、書き記していきます。

1 活字アレルギーだった少年時代
2 知識に自己投資する意味
3 なんだかんだお金は大事よ。

子供の頃から勉強が大嫌いだった

昔と今とで1番異なることは、
経済力の違い。

特筆すべきは、
貧しかった生活を抜け出し
心の平穏と、自信を得られたこと。

 

結果、得られた
勉強に対するモチベーション
であると感じます。

 

子供の頃から、
20年の間、自ら進んで
勉強したいと感じた事は
全くありませんでした。

 

そもそも、生まれた環境が
あまりにお金がなかったため、
できることも限られていた現実も
確かにあります。

ですが、それ以上に
知識を得ることに対し
モチベーションがなさすぎたのです。

 

7歳くらいから既に
学校の授業が、好きではありませんでした。

 

振り返ると
恥ずかしながら、
昔から文章を
見ることすら苦痛で

いわゆる、文章恐怖症的な
状態でした。

 

図書室にある本としては、
ウォーリーを探せとか
そういうほぼ文字がない
本しか、見る気にならなかったのです。

 

 

それすらも、
1、2ページ見るだけで、
その先を読み進めようと思う
ことすらできませんでした。

 

こんな幼稚園児が読むようなものだって
見ることが耐えられなかったのです。

 

 

少し話はそれますが、
身体的な根性だけは
昔の僕も備えていました。

 

 

というか、運賃も自転車も
なかったので
体を使って突破するしか
なかったのです。

例えば、当時、
小中高と、山あり谷ありな
通学路、自転車すら持っていなかったので
走って通っていました。

高校の時とか、
やばかったですね。

山を2つ超えて、
5キロ以上走っていました。

 

夏などは汗だくです。

だから、少し早めに着くようにして
グラウンドの水飲み場の近くで
1人で体を拭いて、
着替えてから教室に行ったりしていました。

 

このように
んやたらと自分の足で
いろいろなところに
行きたがっていたものです。

 

今思うと
完全に頭おかしいというか
何を考えていたんだろうと思います。

 

当時、自分の体を使って、
移動して、新しい世界を
見てみたいと言う興味は
あったようです。

 

それはさておき、
幼少期の僕は、
学ぶと言うことに対して
持久力がなさすぎました。

 

このように、幼少期から
振り返ると
自分の体を使って
新しいことに興味関心を持ちつつ
文章。
つまり本から学ぶような
持久力やモチベーションは
ほとんど成長していなかったのです。

 

このような子供も
将来、自ら起業し、
学ぶことの大切さに気づき
多種多様な本から吸収し

有識者と呼ばれる人と
対談ができるレベルに
成長しているなんて
子供の時、僕自身
全く思いもよりませんでした。

 

 

なお、ばあちゃんにはものすごく
驚かれました。

あの孫、1日中勉強している
驚きすぎて泣かれました。笑

 

上に書いたような
勉強する体力なさすぎ状態。

 

振り返ると、
事業を立ち上げる時にかけて
延々と続いていました。

 

入試対策をしたとは言え
正直に言ってしまえば
難関校へのモチベーションは
将来稼ぎたかったからなのです。

 

 

お金がなかった子供の頃
高学歴になれば年収が増える、
その触れ込みを素直に信じて
いたのでした。

 

 

通学の電車賃すらも
ケチってため込んでいた
自分にしてみれば、

年収増やしたい。お金欲しすぎる。

 

そんな感覚から、
入試対策に力が入り、
逆に、知識を得ることへのモチベーションなど
一切なかったのです。

 

勉強が面白いとかありえん。

まずは年収だ。

 

高校生でありながら
こんな夢とはかけ離れた
若者らしくない男だったと
今思い出しても感じます。

 

これに対して
事業立ち上げからは

あまりにも自分が学んでなさすぎたと
思い知らされたのです。

 

東大に受かったところで
社長業のスキルが足りなすぎる
あまりにも思考ができていない。
全てにおいて。

 

そんな現実に、打ちのめされました。

 

それだけでなく、
利益を上げ続けている先輩方。

あらゆる富裕層も、
自分の成長に投資を怠ることがない。
常に進化しまくっていた。

 

正直、洗練された鋭い思考に圧倒された。

 

魅力的な起業家と
成長して、肩を並べるんだ
本気で知識を得ようと感じた瞬間。

20年、その時まで
心底自主的に学びたいと
感じた事はありませんでした。

 

学ぶことで得られる成長

自分の知り合って
付き合いの長い会社役員、
マーケターの方たち。
全員が、思考力に秀でた
人しかいなかったのです。

 

この方達全員、
経済力を振るう時は
いつだって自分への
投資に当てているのです。

 

逆に、世間一般の消費者のように
浪費する事はありません。

例えば、集客のアクセスを増やすため
または、紹介料に払う報酬のこともある。

 

もちろん情報や、知識を得るために
お金を使って生きています。

 

振り返ると
何の不思議もないわけですが
自分のライフスタイルを高めていく
さらに、自立した価値提供によって
利益を得ていく。

 

そのために次々と投資するのです。

さらに知識と経験を高め
ますます思考力を高め
次々と今までにない発想を
生み出せる頭脳を手に入れる。

 

それを知って僕自身
圧倒的に学びまくったのです。

 

結果、確信したこととして
月1,000,000の利益など
誰にとっても
高いハードルになり得ない事実。

 

ましてやそれぞれが特長を生かした
ジャンルを狙っていくだけで
その2倍、3倍の収入も
全く高い壁では無いのです。

 

さらに、初心者でも特長とする
ジャンルや、新しく開拓する
マーケットを同時に
掛け合わせさえすれば、
上限だと勘違いされている利益を
叩き出すことも可能です。

 

どうしてそんなことができる?
それは100%、やり方を学んでいるだけに
過ぎません。

 

正しい手段を学ぶと言う事は最高です。

当然、いくら学んだところで
行動ゼロなら
利益が全くあがらないでしょう。

 

 

しかし、学んでおくだけで
迷いなく実践することが可能です。

あっさりと行動によって
はじめの利益の01突破が
あっさりと達成できます。

 

だからこそ、最も必要な事は
はじめに、知識に投資し
動くことなのです。

 

そして、行動する上で
とっかかりの方向性を持っておきたい。

 

すなわちビジネスの全体を描く思考力です。

 

この思考力こそが、
たゆまぬ知識のインプットに
他なりません。

 

知識のインプット
行動してアウトプット
知識のインプット
行動してアウトプット。

これらを繰り返すだけで
知識が知恵に昇華されていきます。

この状態になれば
既に勝ったも当然です。

 

加えて
メンタル面でも圧倒的に自信になります。

 

きれいごと抜きに、まず経済力は重要である

 

こと自分に関して言うと
昔の貧乏時代から
いかに変化したかが大きいです。

 

人間は貧乏になった瞬間
一気に余裕を失います。

 

まず、飢えます。

昔の僕のように、
くそ暑い日に
片道5キロ以上も徒歩で
移動することになります。

 

最悪、マジで熱中症で
体壊します。

 

思い出しても、余裕とか全く
手に入る余地ゼロです。

 

正直に言って、経済力重要。

リアルな現実を、胸に刻む必要がある。
胸に刻んだ苦しさが他にもあります。

郵便配達をしながら
雨の日も風の日も
仕事をし、
あるときは、
標高3000メートルの
山小屋管理を任され
凍傷で死ぬかと思いながら
働いた過去。

間違っても、記憶から失わず、
よりよく生きていける道を
歩み続ける必要がある。

 

だからこそ、どんな時も
自立して価値を届け、利益を生む。
このスキルを磨く必要がある。
衣食足りて礼節を知る
と言う言葉通り、
お金を生み出せて初めて
まともな精神状態へ、
回帰することができました。

 

ブラック企業のバイトの毎日も
まるでいつでも捨てられる機械のように、
生きてる意味がわかりませんでした。

 

1日6000円ゲットできるし
そう無理矢理自分を納得させていました。

客観的にはどう考えても下僕です。

働きながら自分自身に、
上にも存在意義がある。

自分の作業によって、
助かる人もいるはずだ。

100人中1人は、
このDMの山にも
興味を持つんじゃないか。

 

そんなふうに自分に
言い聞かせ、膨大なDMを
封筒に詰めていたものです。

正直に僕の感想言うと、
「妄想乙。完全に洗脳されてとち狂ってるわ
このように思わざるをえません。

同じ経験をもう味わいたいとすら思わない。

自己投資し、知識を得ることに加えて、
どう考えても、経済面で、
ゆとりが高まったことで僕は変わりました。

 

無駄にケチる必要もゼロ。

 

銀行口座残高へ
神経を持っていかれないのが嬉しい。

貧乏暮らしをしていたころ
昼食を抜いたり、健康に悪いカップめんで
済ましたりしていたもんです。

 

しかも電車すら使わず
走って移動していましたからね。
これらの体力や時間、エネルギーを
知識を得ることに割り振ることが
可能になったのです。

 

知識を得て、その知識を使い
さらに利益を生む。

 

青天井の、
プラスのループです。

 

そのような限界のないサイクルこそ
繰り返し高め、継続しています。

今回の話を簡単に整理しましょう。

 

まず、自立した価値提供で
利益が上がる状態を作り出し、
圧倒的に、さらなる知識を
得るゆとりを手に入れた。

 

金持ちになることで、
さらに知識と経験を得て
より金持ちになり、
さらに貴重な知識と経験を
手に入れる。

 

 

あたかも
金持ちになることが悪いことかのような、
日本の学校教育や価値観にとらわれず
素直に自立した価値提供によって
富を得るべし。

 

 

最後に、富を得るために
無料メール講座で、たくさんの感想
寄せられたコンテンツの
総集編をつくりました。

 

反響の大きかった知識について
整理しています。

 

最初は要約に目を通し、
さらに多岐にわたるコンテンツから学び
最終的に多くの学びを
吸収してほしいと考えています。

 

反響の大きいブログコンテンツ総集編

 

 

Pocket

 

 


僕は、自由な生活を送りながら、
月収120万円を稼いでいます。
自由な時間をもちつつ、
お金に不自由しないとか、
相当怪しいと思われるかもしれません。

お前には、センスがあったんだろう、
とか言われますが、
僕は、子供のころ、テストで0点をとったり、
いじめられてばかりで、何をどう頑張ったらいいのかわからないくらいのダメ人間でした。

しかし、ビジネスの基本原理を学び、
実践を続けた結果、
理想の生活に徐々に近づいていきました。

結局、人生を変えられるかどうかは、
正しい知識を得て、学んで行動する。
このパターン化された単なる繰り返しに、
慣れる。
たったこれだけでした。

社会は、「最低限の」自由を与えてくれます。
だけど、世の中には、ただ与えられるのではなく、ゼロからはじめて、自ら理想の未来を勝ち取っている人たちも、大勢いる。
何ものにも拘束されない人間に共通しているのは、

「正しい戦略を学び、実践する」

ことに尽きます。

正しい戦略というのは、
実は、本当にシンプルです。
対して、世の中には、
玉石混交の質の低い情報が多すぎる。

僕は、期間限定で、
一流の起業家や、ビジネスの達人から学び、実践した情報を無料で公開しています。
より詳しい情報発信の理念は、こちらをご覧ください。

メールマガジンの登録

ブログでは語られない、社会の変化に流されない生き方。学校で教えてくれない、富裕層だけがもっている知恵。お金や芸能界の話・・・内容盛りだくさんの無料メールマガジンをお送りします。

ご興味をもたれた方は、こちらからご登録ください。


・@icloud.com、@me.comは届きにくいため、PCメールを推奨します
(Gmailが届きやすいのでGmailを推奨します)。
・しばらくたってもご案内メールが見当たらない場合は、迷惑メールフォルダなどに振り分けられているか、間違ったアドレスでお手続きをされた可能性があります。

その場合は、お手数ですが、再度メールアドレスをご確認の上、お申し込み手続きを行ってください。