マーケティングが生み出す錬金術

Pocket

こんにちは。田中です。

 

今回は、マーケティングの一事例についてです。

 

 

 

ここ数年、東京の大学の学園祭で、鹿の角や、イノシシの骨が

 

売られているのを見かけるようになりました。

 

 

年によっては、普通に5000円とかそれ以上の値段がついています。

 

 

で、これの原価がいくらかといと、実質ほぼタダのこともあるそうです。

(大学の職員が、山林での業務のついでに拾ってくるようなもの)

 

 

 

山奥では、珍しくなもない上に、鹿が増えすぎて、獣害が半端ない農林業です。

 

そのなかで、鹿が撃たれて、角などは、東京では新鮮味があって売れる。

 

 

鹿肉のジビエなど、長蛇の列ができていました。

 

 

 

農山村では代わり映えせずに、場合によってはタダで入手できるものが、

 

 

東京では、下手をすると4桁で売れる。

 

 

マーケティングとは、

 

「適切なものを適切な相手に、適切なかたちで届けるとういこと」

 

 

鹿の角のインテリアとしての価値は、都会のセンスでは

 

非日常で、価値を生むようです。

 

 

 

マーケティングでただのものがお金に化ける、というのは極端かもしれませんが

 

「錬金術かよ」という感じです。

 

 

 

学生に対して、マーケティングの教育がたりないと常々思っていましたが

 

学園祭といえど、個人的に、センスを感じたので紹介させていただきました。

 

Pocket

 

 


僕は、自由な生活を送りながら、
月収120万円を稼いでいます。
自由な時間をもちつつ、
お金に不自由しないとか、
相当怪しいと思われるかもしれません。

お前には、センスがあったんだろう、
とか言われますが、
僕は、子供のころ、テストで0点をとったり、
いじめられてばかりで、何をどう頑張ったらいいのかわからないくらいのダメ人間でした。

しかし、ビジネスの基本原理を学び、
実践を続けた結果、
理想の生活に徐々に近づいていきました。

結局、人生を変えられるかどうかは、
正しい知識を得て、学んで行動する。
このパターン化された単なる繰り返しに、
慣れる。
たったこれだけでした。

社会は、「最低限の」自由を与えてくれます。
だけど、世の中には、ただ与えられるのではなく、ゼロからはじめて、自ら理想の未来を勝ち取っている人たちも、大勢いる。
何ものにも拘束されない人間に共通しているのは、

「正しい戦略を学び、実践する」

ことに尽きます。

正しい戦略というのは、
実は、本当にシンプルです。
対して、世の中には、
玉石混交の質の低い情報が多すぎる。

僕は、期間限定で、
一流の起業家や、ビジネスの達人から学び、実践した情報を無料で公開しています。
より詳しい情報発信の理念は、こちらをご覧ください。

メールマガジンの登録

ブログでは語られない、社会の変化に流されない生き方。学校で教えてくれない、富裕層だけがもっている知恵。お金や芸能界の話・・・内容盛りだくさんの無料メールマガジンをお送りします。

ご興味をもたれた方は、こちらからご登録ください。


・@icloud.com、@me.comは届きにくいため、PCメールを推奨します
(Gmailが届きやすいのでGmailを推奨します)。
・しばらくたってもご案内メールが見当たらない場合は、迷惑メールフォルダなどに振り分けられているか、間違ったアドレスでお手続きをされた可能性があります。

その場合は、お手数ですが、再度メールアドレスをご確認の上、お申し込み手続きを行ってください。